疲労やストレスなども影響してくること

毎日の生活で疲労を感じるような事が多くなると、体の中に乳酸といわれる疲労物質が多くなります。更にアンモニアも血液中に増える事から、これらが毛穴から出て体臭の元になる可能性があるのです。
そして、このような疲れを感じるときにはストレスを精神的にもストレスが溜まっていることがあります。そのようなストレスも血行を悪化させてしまい皮脂の分泌量を高めてしまいます。
なので、毛穴などで雑菌が繁殖して悪臭を放つような可能性が高まってしまうのです。